かさばりやすいテントや寝袋はどう収納する?アウトドア用品を上手に収納するポイントをご紹介します

アウトドア用品はテントや寝袋といった大きいサイズのアイテムが多く、収納には頭を悩ませるものです。
当サイトではそんな方のために上手なお片付け術をまとめています。
もちろん保管の観点から見ても問題のない方法を紹介していますので、家での保存にも応用可能です。
ラックやソフトケースの活用方法も集めているので、ぜひ参考にして下さい。
上手にキャンプ用品をまとめることが出来れば、より楽しく野外生活を味わうことが出来ます。

かさばりやすいテントや寝袋はどう収納する?アウトドア用品を上手に収納するポイントをご紹介します

アウトドア用品収納と保管には、ソフトボックスがおすすめです。
ソフトボックスは布やビニールで作られている箱で、ホームセンターでも入手することが出来ます。
アウトドア用品のテントや寝袋のような布状のものは、こうした柔軟性のあるボックスに収納することで場所を取ることを抑えることが出来るのです。
保管の観点から見ても問題はなく、長期の保存には乾燥剤などを入れておくことでカビを防止することが可能となります。
アウトドア用品の布・ビニールアイテムは出来るだけ丸めたり、畳んでしまうことが大切です。

アウトドア用品の寝袋をコンパクトに収納するコツ

アウトドアを趣味としてる人は多く、その中のアウトドア用品として寝袋は人気があります。
実際に暖かく夜を過ごせるだけでなく、手軽に寝る場所を直ぐに確保する事が魅力です。
ただし一度取りだした寝袋をしまうのが大変な場合、素材にあわせて畳み方を把握することでより手早く収納する事が出来ます。
アウトドア用品の寝袋はダウンタイプと化繊タイプがありますが、ダウンタイプの場合は畳まずに詰め込むという方法が有効的です。
畳む場合であれば空気を多く含むので、畳ながら空気をしっかり抜いていくことでより収納しやすくなります。
化繊タイプはダウンのように詰め込んでしまうと繊維が切れるので、まずは立てに半分に折ります。
次に真ん中から二つ折をし、端の方から丸める畳み方が一番綺麗に収納する事が出来ます。
丸める事でそのまま袋に綺麗にしまう事ができ、素材自体も綺麗な状態を保つ事が可能です。
ダウンと化繊によって収納方法には違いがあるので、正しい手段を選ぶ事がポイントとなります。

アウトドア用品のテントを保管する際は収納袋を使う

アウトドア用品の中でも特に大きいのがテントです。
このテントは基本的にバックにしまうことになります。
その選び方の中で重要となるのは持ちやすさです。
テントは非常に大きいので収納袋も必然的に大きくなります。
そのため、大きさをごまかすことは出来ないのが実際のところです。
それゆえに持ちやすさが重要となります。
持ちやすければたとえ大きくても、運ぶのは簡単になります。
バックの中には小さくたためるタイプもあります。
これはアウトドア用品の中ではかなり人気です。
しかし、小さくたためるタイプはたたむ時にそれなりに技術が必要となるので、不器用な方には向きません。
なかなかたたむことが出来ず、袋に入らないというケースが発生するからです。
手際に自信がある方は小さめをお勧めします。
収納袋の手触りなどは実際に手に取ってみないと分からないので、店舗に足を運んで選ぶのもおすすめです。
横幅を先に決めてしまえば選びやすくなります。

アウトドア用品のランタンは収納せずにおしゃれにディスプレイ

普段は使用しないアウトドア用品を押し入れや倉庫に仕舞っているという方は多いのではないでしょうか。
そしていざアウトドアに出掛けようと思ったときに、アウトドア用品を出したり仕舞ったりするのが面倒と誰もが一度は考えるはずです。
しかしアウトドア用品も、ものによっては収納せずに普段はインテリアの一部としてディスプレイすることが可能です。
その一例をご紹介しますので、ぜひ参考にされてください。
たとえば「ランタン」は、キャンプに持って行くと自然の中に優しい光を生み出してくれますが、見た目がおしゃれでかわいいため、そのまま部屋の中に飾っておくのがおすすめです。
特にランタンのような、小さなアウトドア用品はどこに片付けたのかも忘れてしまい、探しづらいため、日ごろから目につくようにディスプレイすることで、いざ必要になったときに探す手間が省けます。
それだけではなく、家の中で気分を変えたいときにランタンの薄明りでくつろぎの空間作りも可能なのです。

食器やシェラカップなどのアウトドア用品は棚に飾っておく

最近アウトドア用品への需要が高まりを見せ始めていますが、その理由の一つには、今までになかった高いデザイン性の用品が多数販売されるようになってきたことがあると感じています。
キャンプなどで使用する食器などはステンレス製や紙素材のものが多かったのに対し、今の主流は割れにくいプラスチック素材でも可愛らしいプリントが施されていたりするのでとても魅力的です。
そんな見るからに素敵なアウトドア用品を収納する際には、見せる収納を意識した工夫をしてみると良いでしょう。
一番のおすすめは収納棚を作ることで、食器やシェラカップなどは見えやすい高さのところにラックや棚板を設置し、観賞しやすいようにしていくことが大切になります。
見せる収納を意識するようにすれば自然とお洒落なアウトドア用品が増えていきますし、更に楽しいキャンプなどが行えるようになるのでメリットも豊富です。
ラックなどはかなり安く手に入るので、気になった方はホームセンターなどで見つけてみると良いかもしれません。

アウトドア用品を透明な収納ケースへ入れておけば一目瞭然

アウトドアライフの楽しみ方にはさまざまな方法があります。

現地で何をするのかや滞在する期間など、いろんな点に違いがあり魅力もそれぞれに存在しています。

使える時間や同行する人によって、最も適した期間と方法を選択して計画を立てます。

もちろん必要になるアウトドア用品も変わってくるので、計画に合ったものを携行しなければいけません。

大量にあるアウトドア用品から探し出すのは大変な作業になることもあります。

そんな時に便利なのが透明な収納ケースです。

透明なので中に何が入っているのかが外からでも一目瞭然で、わざわざ取りだして確認する必要がありません。

素材もプラスティック製のものが多く、軽量で持ち運びにも便利です。

更にキャスター付きのものを選べば転がすことも出来るので重い物でも簡単に運べます。

滞在期間や目的別に分けてそのまま車に積み込むことも出来ます。

アウトドアに出かける際に、必要になるアウトドア用品を探して準備することが大幅に楽になります。

アウトドア用品をRVボックスへ入れてベランダで保管

アウトドア用品の収納方法として便利なのがRVボックスへ入れてベランダで保管する方法ですが、その際にはできれば雨風をなるべく受けないような工夫をしておくと安心です。

バルコニーの広さにもよりますし、屋根がある場合にはそこに置いておくとより良い条件で保管することができます。

アウトドア用品は、いろいろな場所への収納が考えられますが戸建ての場合には庭にある物置に入れたりウォークインクローゼットに収納するといった方法もあります。

RVボックスに入れる方法の良い点は、そのまま車に積み込むことができる点です。

キャンプなどで出かける時に、そのまま積み込みができて終わったらバルコニーに置いておけばよい点も便利です。

RVボックスは、出来れば耐久性を考えて少し良いもの購入しておくと屋外で使うものなので安心です。

容量も色々なタイプが得られますし、見た目のおしゃれなものやブランドものなどもありますので好みに合わせて選びましょう。

アウトドア用品の収納を考える前にまず不用品を処分する

アウトドア用品は使っていないときは押し入れや倉庫に仕舞っているという方がほとんどのはずです。

ですが、中には仕舞うスペースを確保できずに、車に乗せっぱなしという方も多いのではないでしょうか。

車に重いものを乗せたままにしておくとガソリン代が掛かるため、ガソリン代が高騰しているこの時期には、乗せたままにしておくとはあまり良い方法ではありません。

アウトドア用品を家の中で収納するために、まずは不要なゴミを片付けて収納スペースを確保しておくことが大事です。

これはアウトドア用品だけには限りませんが、収納スペースを確保するためには、まずはいらないものを片付けることが重要です。

よく収納ケースなどを購入して収納を増やそうとする方がいらっしゃいますが、それでは一時しのぎにしかならず、結果的に家の中が片付かなくなってしまいます。

そこでまずは、仕舞う場所が確保できないと悩んでいる方は、思い切って使っていないものを捨ててください。

一度使用したアウトドア用品を収納する際はカビに注意

キャンプやバーベキューなどの人気が高くなっており、アウトドア用品を保有している方が多いはずです。

自然を感じながら家族や友人と有意義な時間が過ごせるため、良い趣味だと評価できます。

一度使用したアウトドア用品はお手入れや収納方法を間違えてしまうとカビが発生しやすくなるので注意してください。

カビの原因は湿気になるので、風通しの良い場所に収納しておく必要がありますし、水に濡れてしまった場合はしっかり拭き取ってから保管することが大事です。

一度カビが発生してしまと元に戻すことは難しく、使えなくなってしまう可能性が高いです。

温度や湿度をコントロールできる場所に収納することをおすすめします。

屋外の倉庫に置いておくケースが少なくないのですが、屋外の倉庫は湿気が多くなりやすいので避けた方がいいです。

自宅で収納するのが厳しい方は、トランクルームを活用するべきです。

トランクルームは温度や湿度が管理されているので安心です。

シーズンオフのアウトドア用品はトランクルームへ預けておく

シーズンオフのアウトドア用品の収納に苦慮している人は多いかもしれません。

自宅内で問題なく収納できるくらいに十分なスペースがあれば良いのですが、一般的に言ってアウトドア用品は嵩張ります。

これはある意味で当たり前のことで、自宅という恵まれた環境ではない場所でもなんとか最低限の衣食住を、しかも何とか生きていければ良いという極限のサバイバルではなくて、少なくともある程度は快適に過ごしたいという思いが根底にあるわけですから、それなりの分量になって致し方ありません。

解決策として考えられることがレンタル物置や外部のトランクルームを利用することです。

これは種々の荷物を保管しておくことのできるスペースを借りるもので、スペースの広さとか管理の程度に応じて料金がかかりますが、少なくとも人の居住用ではないので広い住宅に住むことを考えると明らかにコストメリットがあります。

自宅からの距離とか管理状況に応じて選択すると良いでしょう。

アウトドア用品に関する情報サイト
アウトドア用品の収納方法

アウトドア用品はテントや寝袋といった大きいサイズのアイテムが多く、収納には頭を悩ませるものです。当サイトではそんな方のために上手なお片付け術をまとめています。もちろん保管の観点から見ても問題のない方法を紹介していますので、家での保存にも応用可能です。ラックやソフトケースの活用方法も集めているので、ぜひ参考にして下さい。上手にキャンプ用品をまとめることが出来れば、より楽しく野外生活を味わうことが出来ます。

Search