かさばりやすいテントや寝袋はどう収納する?アウトドア用品を上手に収納するポイントをご紹介します

アウトドア用品はテントや寝袋といった大きいサイズのアイテムが多く、収納には頭を悩ませるものです。
当サイトではそんな方のために上手なお片付け術をまとめています。
もちろん保管の観点から見ても問題のない方法を紹介していますので、家での保存にも応用可能です。
ラックやソフトケースの活用方法も集めているので、ぜひ参考にして下さい。
上手にキャンプ用品をまとめることが出来れば、より楽しく野外生活を味わうことが出来ます。

かさばりやすいテントや寝袋はどう収納する?アウトドア用品を上手に収納するポイントをご紹介します

アウトドア用品収納と保管には、ソフトボックスがおすすめです。
ソフトボックスは布やビニールで作られている箱で、ホームセンターでも入手することが出来ます。
アウトドア用品のテントや寝袋のような布状のものは、こうした柔軟性のあるボックスに収納することで場所を取ることを抑えることが出来るのです。
保管の観点から見ても問題はなく、長期の保存には乾燥剤などを入れておくことでカビを防止することが可能となります。
アウトドア用品の布・ビニールアイテムは出来るだけ丸めたり、畳んでしまうことが大切です。

アウトドア用品の寝袋をコンパクトに収納するコツ

アウトドアを趣味としてる人は多く、その中のアウトドア用品として寝袋は人気があります。
実際に暖かく夜を過ごせるだけでなく、手軽に寝る場所を直ぐに確保する事が魅力です。
ただし一度取りだした寝袋をしまうのが大変な場合、素材にあわせて畳み方を把握することでより手早く収納する事が出来ます。
アウトドア用品の寝袋はダウンタイプと化繊タイプがありますが、ダウンタイプの場合は畳まずに詰め込むという方法が有効的です。
畳む場合であれば空気を多く含むので、畳ながら空気をしっかり抜いていくことでより収納しやすくなります。
化繊タイプはダウンのように詰め込んでしまうと繊維が切れるので、まずは立てに半分に折ります。
次に真ん中から二つ折をし、端の方から丸める畳み方が一番綺麗に収納する事が出来ます。
丸める事でそのまま袋に綺麗にしまう事ができ、素材自体も綺麗な状態を保つ事が可能です。
ダウンと化繊によって収納方法には違いがあるので、正しい手段を選ぶ事がポイントとなります。

アウトドア用品のテントを保管する際は収納袋を使う

アウトドア用品の中でも特に大きいのがテントです。
このテントは基本的にバックにしまうことになります。
その選び方の中で重要となるのは持ちやすさです。
テントは非常に大きいので収納袋も必然的に大きくなります。
そのため、大きさをごまかすことは出来ないのが実際のところです。
それゆえに持ちやすさが重要となります。
持ちやすければたとえ大きくても、運ぶのは簡単になります。
バックの中には小さくたためるタイプもあります。
これはアウトドア用品の中ではかなり人気です。
しかし、小さくたためるタイプはたたむ時にそれなりに技術が必要となるので、不器用な方には向きません。
なかなかたたむことが出来ず、袋に入らないというケースが発生するからです。
手際に自信がある方は小さめをお勧めします。
収納袋の手触りなどは実際に手に取ってみないと分からないので、店舗に足を運んで選ぶのもおすすめです。
横幅を先に決めてしまえば選びやすくなります。

アウトドア用品のランタンは収納せずにおしゃれにディスプレイ

普段は使用しないアウトドア用品を押し入れや倉庫に仕舞っているという方は多いのではないでしょうか。
そしていざアウトドアに出掛けようと思ったときに、アウトドア用品を出したり仕舞ったりするのが面倒と誰もが一度は考えるはずです。
しかしアウトドア用品も、ものによっては収納せずに普段はインテリアの一部としてディスプレイすることが可能です。
その一例をご紹介しますので、ぜひ参考にされてください。
たとえば「ランタン」は、キャンプに持って行くと自然の中に優しい光を生み出してくれますが、見た目がおしゃれでかわいいため、そのまま部屋の中に飾っておくのがおすすめです。
特にランタンのような、小さなアウトドア用品はどこに片付けたのかも忘れてしまい、探しづらいため、日ごろから目につくようにディスプレイすることで、いざ必要になったときに探す手間が省けます。
それだけではなく、家の中で気分を変えたいときにランタンの薄明りでくつろぎの空間作りも可能なのです。

食器やシェラカップなどのアウトドア用品は棚に飾っておく

最近アウトドア用品への需要が高まりを見せ始めていますが、その理由の一つには、今までになかった高いデザイン性の用品が多数販売されるようになってきたことがあると感じています。
キャンプなどで使用する食器などはステンレス製や紙素材のものが多かったのに対し、今の主流は割れにくいプラスチック素材でも可愛らしいプリントが施されていたりするのでとても魅力的です。
そんな見るからに素敵なアウトドア用品を収納する際には、見せる収納を意識した工夫をしてみると良いでしょう。
一番のおすすめは収納棚を作ることで、食器やシェラカップなどは見えやすい高さのところにラックや棚板を設置し、観賞しやすいようにしていくことが大切になります。
見せる収納を意識するようにすれば自然とお洒落なアウトドア用品が増えていきますし、更に楽しいキャンプなどが行えるようになるのでメリットも豊富です。
ラックなどはかなり安く手に入るので、気になった方はホームセンターなどで見つけてみると良いかもしれません。

アウトドア用品に関する情報サイト
アウトドア用品の収納方法

アウトドア用品はテントや寝袋といった大きいサイズのアイテムが多く、収納には頭を悩ませるものです。当サイトではそんな方のために上手なお片付け術をまとめています。もちろん保管の観点から見ても問題のない方法を紹介していますので、家での保存にも応用可能です。ラックやソフトケースの活用方法も集めているので、ぜひ参考にして下さい。上手にキャンプ用品をまとめることが出来れば、より楽しく野外生活を味わうことが出来ます。

Search